2015年9月3日

映画オススメ度総集編(2015年8月)

 書こうと思っていたタイミングを逸してばかりいるため「映画通信簿」の更新頻度がなかなか上がらないのですが、ここでは8月の総集編を書いておきます。

 

・ジェームズ・デモナコ『パージ』

 (2013年、アメリカ)★④

 

・ジェームズ・デモナコ『パージ:アナーキー』

 (2014年、アメリカ)★③

 

・樋口真嗣『進撃の巨人』

 (2015年、日本)★③

 

・ケビン・スミス『Mr.タスク』

 (2014年、アメリカ)★②

 

・清水崇『7500』

 (2014年、アメリカ)★③

 

・ダニエル・エスピノーサ『チャイルド44 森に消えた子供たち』

 (2015年、アメリカ)★③

 

・ダミアン・ジフロン『人生スイッチ』

 (2014年、アルゼンチン・スペイン)★③

 

・アンヌ・フォンテーヌ『ボヴァリー夫人とパン屋』

 (2014年、フランス)★④

 

・ヴィム・ベンダース、ジュリアーノ・リベイロ・サルガド

 『セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター』

 (2014年、フランス・ブラジルイタリア)★③

 *映画通信簿№5(https://horrornomikata.blogspot.jp/2015/09/5.html

 

・チャン・ロンジー『共犯』

 (2014年、台湾)★④

 

・大崎章『お盆の弟』

 (2015年、日本)★④

 

・フランソワ・オゾン『彼は秘密の女ともだち』

 (2014年、フランス)★⑤!!!

 *映画通信簿№1(https://horrornomikata.blogspot.jp/2015/08/1_20.html

 

・塚本晋也『野火』

 (2015年、日本)★④

 

・豊田四郎『四谷怪談』

 (1965年、日本)★④ ←@ロイヤル劇場in岐阜

 

 8月は以上の14本です。(後半の平均点がやたら高めのようですが、夏休み期間は映画が豊作で喜ばしい限りです。)

0 件のコメント: